長澤まさみが主演の映画「コンフィデンスマンJP」は2019年5月公開。
その前に、この映画は何?知らないという人の為に復習!ドラマがあるのです。

スクリーンショット 2019-05-10 0.54.43

コンフィデンスJPのあらすじ


この物語の主人公・ダー子(長澤まさみ)は年齢不詳、正体不明、とにかく規格外で無軌道なコンフィデンスウーマン。
お金とファッションとおいしい食べ物に目がない、やや天然な女性。都内の高級ホテルのスイートルームに居を構え、業界を牛耳る悪徳大富豪たちをターゲットに日夜、詐欺の計画を練っています。
彼女の目的は、彼らのばく大な財産を根こそぎだまし取ること。行動を共にするのは真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出昌大)と、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)。
このチームが、悪徳企業のドンやマフィアのボスなど欲望にまみれた金の亡者たちから、あらゆる手段を使って金を巻き上げようとチームとして動きます。
武器は、ダー子の天才的知能と抜群の集中力。彼女は、あらゆる職業の専門知識を短期間でマスターし、さまざまな職業人になりすまします。
彼らは、抜群のチームワークで常識外れの作戦を仕掛け、一度狙ったターゲットは絶対に逃しません。
だまし、だまされ、時には味方さえ欺くことも。彼らが、どんな奇想天外なトリックでターゲットから巧妙に金を奪うのか。予想もつかないだまし合いの始まりです!
長澤、東出、小日向と演技力抜群のキャスト陣が、当代随一の脚本家・古沢が描き出す世界観を舞台に、どんな芝居を繰り広げるのか、本物同士のぶつかり合いに早くも注目が集まります。
これまでの連続ドラマの概念を根底から覆すほどのスケール感、ゴージャス感でお送りする、オシャレで華やか、景気が良くてちょっと不謹慎、そして時々ハートウォーミングな痛快エンターテインメントコメディー作品『コンフィデンスマンJP』にご期待下さい。

(以上dTVより引用)

コンフィデンスマンとは

コンフィデンスは、英語で「信用、信頼」。コンフィデンスマンは、様々な手口を使い、悪徳な方法で大金を稼ぐ者から巨額を騙し取る詐欺師たちとここでは意味しています。

つまり、海外映画では「オーシャンズ11」的な義賊のものと近く、華麗なトリックなどで悪者から大金を取り返すようなスカッとする内容です。

なぜ!フジテレビの月9ドラマで観れていなかったのか!と後悔する事間違いなし。映画では、スケールアップしてお送りすることでしょう。

そして長澤まさみがかわいい

コンフィデンスマンJPはdTVで限定見逃し配信中

映画の公開は2019.05.17です。「コンフィデンスマンJP」映画公開を機に、dTVで2019年5月31日まで期間限定公開中ー!

なお、フジテレビオンデマンドでも観られますが、月額888円のFODプレミアムでのみ配信。

dTVは、月額500円(税抜)でフジテレビ以外の動画も観られるのでdTVの方が良いです。

詳細はこちらのリンク「dTV」から